適応型交換ノード制御方式

開放特許情報番号
L2011002198 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2011/4/28
最新更新日
2011/4/28

基本情報

出願番号 特願2006-540857
出願日 2005/9/16
出願人 学校法人東京電機大学
公開番号 WO2006/040903
公開日 2006/4/20
登録番号 特許第4135959号
特許権者 学校法人東京電機大学
発明の名称 交換ノード及び交換ノード制御方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 高品質情報通信網
目的 通信品質を確保する交換ノード及び制御方法を提供する。
効果 従来の交換ノードに生じる通信遅延時間と、トラヒック混雑とコネクションレス型であるため生じる不安定な品質課題を解消する。
技術概要
入力データに含まれる優先制御信号を識別し、出力・分配部のタイムスロットの使用状況をモニタし、未使用のタイムスロットに識別されたデータを優先的に書き込み、出力し、出力バッファを要しない交換ノード及び制御方法である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

アピール情報

アピール内容 ○PCT出願番号:PCT/JP2005/017140 ○国際公開番号:WO2006/040903

登録者情報

登録者名称 東京電機大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT