永久磁石同期電動機の回転子初期位置推定方法

開放特許情報番号
L2011002193 この特許をより詳しくイメージできる、登録者からの説明資料をご覧頂けます
開放特許情報登録日
2011/4/28
最新更新日
2011/8/12

基本情報

出願番号 特願2005-073746
出願日 2005/3/15
出願人 学校法人東京電機大学
公開番号 特開2006-262569
公開日 2006/9/28
登録番号 特許第4780493号
特許権者 学校法人東京電機大学
発明の名称 回転子位置検出装置及び回転子位置検出方法
技術分野 電気・電子、機械・加工
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 ブラシレスモータ
目的 永久磁石同期電動機の始動時における回転子初期位置を簡単に検出できる回転子位置検出装置及び回転子位置検出方法を提供する。
効果 PMSM始動時の回転子初期位置を検出する技術においては、簡単な方法が提案されていない。本発明は、PMSM始動時の回転子初期位置を直流電源を用いて簡単に検出することができる。
技術概要
永久磁石同期電動機の2端子間を直流電源により励磁したときに、非励磁相を含む2端子間の一方に誘導される第1電圧と他方に誘導される第2電圧とを比較する電圧比較部と、永久磁石同期電動機の2端子間に直流電源により正方向に励磁したときに非励磁相を含む2端子間に誘導される第3電圧と逆方向に励磁したときに該2端子間に誘導される第4電圧とを比較する電圧比較部と、第1電圧と第2電圧との大小関係及び第3電圧と第4電圧との大小関係に対応した回転子の初期位置を示す誘導起電力データを記憶する記憶部と、電圧比較部による比較結果と、記憶部に記憶された誘導起電力データとを照合して、この照合結果に基づいて、回転子の初期位置を検出する初期位置検出部とを備えた。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 東京電機大学

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT