チタンシリコンカーバイドの製造方法

開放特許情報番号
L2011002094
開放特許情報登録日
2011/4/22
最新更新日
2016/6/21

基本情報

出願番号 特願2010-235290
出願日 2010/10/20
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2012-087009
公開日 2012/5/10
登録番号 特許第5252595号
特許権者 国立大学法人信州大学
発明の名称 チタンシリコンカーバイドの製造方法
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 チタンシリコンカーバイドの製造方法
目的 常圧焼結方法により、割れや欠け等を生じさせずに焼結させることができ、生産性を向上させるチタンシリコンカーバイドの製造方法を提供する。
効果 原料粉末に含まれているTi粉末の一部をTi繊維に置換することにより、圧粉体の成形が容易に可能となり、常圧下において確実に焼結体を得ることができ、チタンシリコンカーバイドの生産性を向上させることができる。
チタンシリコンカーバイド以外の金属を含む種々のセラミックについて、原料粉末から圧粉体を形成し、焼結体を製造する場合に、上述した実施形態と同様に原料粉末を構成する金属の一部を金属繊維に置換し、金属繊維混合粉末を調製して焼結させる方法は常圧下において好適に焼結させる方法として有効に利用することが可能である。
技術概要
チタンシリコンカーバイドの製造に使用する原料粉末を構成するTi粉末の一部をTi繊維に置換したチタン繊維混合粉末を調製する工程と、前記チタン繊維混合粉末を加圧してチタン繊維を含有する圧粉体を形成する工程と、前記圧粉体を常圧下において加熱して焼結させる工程とを備え、前記チタン繊維混合粉末を調製する工程においては、Ti成分と、Si成分と、C成分とがチタンシリコンカーバイドのTiとSiとCのモル比に一致するように、Ti繊維と各粉末の分量比を設定することを特徴とするチタンシリコンカーバイドの製造方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT