プリオン蛋白質を識別可能な核酸分子の同定および分離方法

開放特許情報番号
L2011002092
開放特許情報登録日
2011/4/15
最新更新日
2015/8/4

基本情報

出願番号 特願2004-226164
出願日 2004/8/2
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所、農林水産省動物医薬品検査所長、独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
公開番号 特開2006-042645
公開日 2006/2/16
登録番号 特許第4671148号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所、農林水産省動物医薬品検査所長、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 プリオン蛋白質に特異的に結合する核酸分子
技術分野 有機材料、化学・薬品
機能 検査・検出、その他
適用製品 プリオン蛋白質を標的とする核酸分子であって、特にマウスプリオン蛋白質を標的とするRNA分子、その核酸分子を含むプリオン病の診断、予防または治療用の医薬組成物
目的 プリオン蛋白質を識別可能な核酸分子の同定および分離のための方法、この方法により得られる核酸分子、プリオン蛋白質に特異的に結合する核酸分子を含む医薬組成物および診断用組成物、この核酸分子を用いる診断方法を提供する。
効果 この発明のRNAアプタマーはプリオン蛋白質に特異的に結合する新規の機能性を有する核酸分子である。このRNAアプタマーは、プリオン病の診断方法への応用、プリオン病の発症予防やプリオン病発症後の治療に使用可能であり、診断成績、治療成績の向上が期待できる。
技術概要
 
プリオン蛋白質を識別可能な核酸分子の同定および分離のための方法、この方法により得られる核酸分子、プリオン蛋白質に特異的に結合する核酸分子を含む医薬組成物、診断用組成物、この分子を用いる診断方法。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT