錠剤印刷機

開放特許情報番号
L2011002068
開放特許情報登録日
2011/4/15
最新更新日
2011/4/15

基本情報

出願番号 特願2003-366511
出願日 2003/10/27
出願人 塩野義製薬株式会社
公開番号 特開2005-125000
公開日 2005/5/19
登録番号 特許第4328597号
特許権者 塩野義製薬株式会社
発明の名称 錠剤印刷機
技術分野 機械・加工、化学・薬品
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 扁平な丸形や中央がやや膨らんだ凸レンズ状の円形錠剤の表面に数字、文字及び/又は各種記号を印刷する錠剤印刷機に関し、特に錠剤を搬送するドラム式搬送機構を持つ錠剤印刷機。
目的 例えば、「引っ掛かり錠」等のような不適切な状態の錠剤が搬送ドラムのポケットに収納された場合であっても、印刷不良が生じることがなく、且つ搬送中の錠剤が機器等に接触して錠剤の割れや欠け等の事故が発生することのない信頼性の高い錠剤印刷機を提供することを目的とする。
効果 「引っ掛かり錠」等の搬送ドラムのポケットに不適切な状態で収納された錠剤であっても、印刷不良が生じることがなく且つ錠剤の割れ等の事故が発生することがなく、信頼性が高い。 また、片面又は両面に印刷された錠剤を確実に製造することができ、信頼性が高い。
技術概要
ホッパーは多数個の錠剤を収容する。 搬送ドラムは、ホッパーからの錠剤を受け取る複数のポケットを外周面に有し、ポケット内に吸引保持するための吸引手段に接続可能である。 印刷部は、搬送ドラムのポケット内に吸引保持された錠剤の表面が転写ローラに接触する印刷領域において印刷する。 引っ掛かり錠除去部は、搬送ドラムの外周面に対して突出した端部を有する引っ掛かり錠除去シートを持ち、端部が搬送ドラムの外周面から所定距離を有して配置され、端部が引っ掛かり錠除去シートにおける最上端となるよう引っ掛かり錠除去シートが水平面に対して傾斜して配置され、搬送ドラムの搬送方向における印刷領域の上流側に配設される。
イメージ図
実施実績 【有】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 塩野義製薬株式会社

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT