カーボンナノチューブの製造装置および製造方法

開放特許情報番号
L2011001962
開放特許情報登録日
2011/4/8
最新更新日
2015/10/1

基本情報

出願番号 特願2010-293151
出願日 2010/12/28
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2012-140266
公開日 2012/7/26
登録番号 特許第5582574号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 カーボンナノチューブの製造装置
技術分野 化学・薬品、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 カーボンナノチューブの製造装置および製造方法
目的 触媒を担持した粒状基材を積層した粒状基材の集合体の触媒から効率良く、CNTを合成できるCNTの製造装置および製造法を提供する。
効果 触媒を担持した粒状基材から効率良く、CNTを合成できるCNTの製造装置および製造方法が提供される。形成されたCNTへの炭素不純物の付着を抑制し、高純度、高比表面積のCNT集合体を製造する装置および製造方法が提供される。
原料ガスの分解を促進、最適化し、CNT成長に最適な形態の原料ガスを触媒に接触させ、高効率で、高純度、高比表面積のCNT集合体を製造する装置および製造方法が提供される。本発明によると、高収量で、高比表面積、高純度のCNT集合体を製造できるため、産業界への利用が十分に期待できる。
技術概要
合成炉と、合成炉に連通するガス供給管およびガス排気管と、合成炉内を所定温度に加熱するための加熱手段とを備え、ガス供給管を介して供給される原料ガスを、加熱手段により加熱された合成炉の加熱領域内に供給して、粒状基材に担持された触媒からカーボンナノチューブを成長させ、ガス排気管より、原料ガスを排気するカーボンナノチューブの製造装置であって、合成炉内に設けられ、触媒を担持した粒状基材の集合体を保持し、かつ原料ガスを通過させるための複数の細孔を有する保持具と、保持具に運動を与え、粒状基材を動かす保持具揺動具と、保持具に対向して配設された、ガス供給管から供給される原料ガスを複数の方向に分配するガス流形成手段と、を備えるカーボンナノチューブ製造装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT