回転軸保持機構及びこれを用いた回転粘度計

開放特許情報番号
L2011001953
開放特許情報登録日
2011/4/8
最新更新日
2015/10/1

基本情報

出願番号 特願2010-286838
出願日 2010/12/24
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2012-132856
公開日 2012/7/12
登録番号 特許第5598921号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 回転軸保持機構及びこれを用いた回転粘度計
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、その他
適用製品 回転軸保持機構
目的 必要とする回転量が小さいものに利用できるコンパクトで高精度な回転軸保持機構を提供する。
効果 従来のボールベアリングやエアベアリングよりコンパクト化が図れ、ボールベアリングにおける摩擦抵抗や回転体の転動による外乱などが無く、エアベアリングにおける空気圧の影響なども無く、高精度な軸受けが実現できる。
また、本発明の回転軸保持機構を回転粘度計の軸受けに採用すれば、コンパクトで高精度な粘度計が実現できる。
技術概要
回転する軸の回転中心から半径方向に距離hの接続点でヒンジにより軸に接続された可動辺と、互いに平行な複数の変形辺と、各変形辺の一端を可動辺に接続するヒンジと、各変形辺の多端を固定部に接続するヒンジとからなる平行バネリンクを少なくとも2つ備えた回転軸保持機構において、前記各変形辺の実行長をhとすることにより、軸の回転中心から半径方向に距離hの接続点でヒンジにより可動辺に接続された軸の回転を許容する回転軸保持機構又はそれを用いた回転粘度計。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT