水素分離装置

開放特許情報番号
L2011001938
開放特許情報登録日
2011/4/8
最新更新日
2015/12/22

基本情報

出願番号 特願2012-548790
出願日 2011/12/13
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 WO2012/081576
公開日 2012/6/21
登録番号 特許第5831888号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 水素分離装置
技術分野 機械・加工、化学・薬品、無機材料
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 水素分離装置
目的 穏やかな条件で積層体を組み立て、しかも優れたシールを実現できる積層型水素分離装置を提供する。
効果 本発明により、耐久性に優れた積層体を用いた水素分離装置が得られる。その上、水素分離層に高温や大きな力を加えることなく積層体を組立、一体化できるため、これまでより高性能だが薄い膜や脆い水素分離層を利用することができる。積層物を一体化する際に強固な接合が不要となり、装置の小型化が可能となる。構成が単純になり、製造歩留まりやコストを抑えることが可能となる。しかも、万が一、積層体が崩壊しても透過ガスには大気が混入することはなく、水素が装置外に漏えいすることもない。
技術概要
水素を選択的に透過させる水素分離層、水素分離層の一方の面に隣接する混合ガス層であって、水素含有ガスが流れる混合ガス流路と、表面に露出する混合ガス流路の全周を囲み、水素分離層に密接するシール部とを有する混合ガス層、及び、水素分離層の他方の面に隣接する透過ガス層であって、水素分離層を透過した水素が流れる透過ガス流路と、表面に露出する透過ガス流路の全周を囲み、水素分離層に密接するシール部とを有する透過ガス層を積層し一体化して得られる積層体と、積層体を内包しバッファーガスを満たした容器を具備し、積層体と容器の内壁の間には積層体の積層方向の少なくとも一方の端面においてバッファーガスが到達しうるバッファー空間が設けられており、かつ、バッファー空間の圧力が混合ガス流路と透過ガス流路のうち高い方の圧力と等しいかそれより高い水素分離装置。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT