プログラマブル論理デバイスおよびその構築方法およびその使用方法

開放特許情報番号
L2011001876
開放特許情報登録日
2011/4/1
最新更新日
2016/6/21

基本情報

出願番号 特願2008-034040
出願日 2008/2/15
出願人 太陽誘電株式会社
公開番号 特開2009-194676
公開日 2009/8/27
登録番号 特許第5260077号
特許権者 太陽誘電株式会社
発明の名称 プログラマブル論理デバイスおよびその構築方法およびその使用方法
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 プロダクトターム方式、LUT(Look Up Table)方式
目的 各基本論理ブロックがメモリ要素としても動作可能であり、各基本ブロック同士の配線において、近接した配線及び離間した配線を可能とするプログラマブル論理デバイス、およびその構築方法、およびその使用方法の提供。
効果 本技術によれば、所望の基本論理ブロックに、追加の単位アドレス線及び/または単位データ線を接続することにより、隣接する基本論理ブロック間を配線する近接配線に加えて、他の配線を追加することができる。これにより、例えば離間した基本論理ブロック同士を配線することが可能となる。
技術概要
この技術は、複数の基本論理ブロックを有し、コンフィギュレーション情報に応じて複数の論理回路が構成されるプログラマブル論理デバイスであって、それぞれの基本論理ブロックは、記憶手段と、メモリ用アドレス線と、メモリ用データ入出力線と、論理用アドレス線と、論理用データ線を有し、論理用アドレス線および論理用データ線は、論理用入出力データのビット数に応じてそれぞれ1ビットごとに分配して単位アドレス線および単位データ線とし単位アドレス線および単位データ線を対にして各対毎に基本論理ブロックから異なる方向に配線され、単位アドレス線および単位データ線と、メモリ用アドレス線およびメモリ用データ入出力線により近接する基本論理ブロックが接続されて、論理回路要素及びメモリ要素を備える論理ブロック群が構成され、少なくとも1つの基本論理ブロックは、追加の単位アドレス線および/または追加の単位データ線を有することにより解決するものである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT