脳機能計測装置

開放特許情報番号
L2011001874
開放特許情報登録日
2011/4/1
最新更新日
2013/11/29

基本情報

出願番号 特願2008-257509
出願日 2008/10/2
出願人 公立大学法人広島市立大学
公開番号 特開2010-082370
公開日 2010/4/15
登録番号 特許第5360540号
特許権者 公立大学法人広島市立大学
発明の名称 脳機能計測装置
技術分野 電気・電子
機能 検査・検出
適用製品 脳機能計測装置
目的 脳の活動部位を高精度に特定できるとともに、高い空間分解能が得られる脳機能計測装置の提供。
効果 電磁波検出手段で検出される電磁波には電磁波検出手段から近い距離にある大脳皮質での血流変化が反映される。これにより、脳の活動部位を高精度に特定することができる。
技術概要
この技術では、脳機能計測装置は、脳に向けて電磁波を出射する電磁波発生手段と、脳を透過した電磁波を検出する電磁波検出手段とを備える。電磁波検出手段は、頭皮上に設け、電磁波発生手段は、電磁波検出手段と脳を介して反対側に設ける。好ましくは、電磁波発生手段は、電磁波としての近赤外光を脳に向けて出射する光源であり、電磁波検出手段は、脳を透過した近赤外光を受光する受光器アレイとする。好ましくは、電磁波発生手段は、電磁波としてのテラヘルツ波を脳に向けて出射するテラヘルツ波発生装置であり、電磁波検出手段は、脳を透過したテラヘルツ波を検出する検出器とする。好ましくは、電磁波発生手段は、口腔内に配置する。好ましくは、電磁波発生手段は、鼻腔内に配置する。好ましくは、電磁波発生手段は、一つ設ける。好ましくは、電磁波検出手段は、頭皮上の異なる位置に複数設ける。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT