ゲノム全体の塩基配列を決定する塩基配列決定プログラム、塩基配列決定装置および塩基配列決定方法

開放特許情報番号
L2011001841
開放特許情報登録日
2011/4/1
最新更新日
2016/8/1

基本情報

出願番号 特願2009-539130
出願日 2008/10/31
出願人 独立行政法人農業生物資源研究所
公開番号 WO2009/057757
公開日 2009/5/7
登録番号 特許第5288355号
特許権者 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明の名称 塩基配列決定プログラム、塩基配列決定装置および塩基配列決定方法
技術分野 情報・通信、食品・バイオ
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 制御手段と記憶手段とを備えた情報処理装置に実行させる塩基配列決定プログラム、記憶手段と制御手段とを備えた塩基配列決定装置、制御手段と記憶手段とを備えた情報処理装置で実行する塩基配列決定方法
目的 数十塩基程度の短い大量の塩基配列から既存の塩基配列を参照することなく全ゲノム塩基配列を構築することができる塩基配列決定プログラム、塩基配列決定装置および塩基配列決定方法を提供する。
効果 本発明によれば、ゲノム全体を一度に細分化して得られた数十塩基程度の短い大量の塩基配列をゲノム上に散在する繰り返し配列も含め正しく連結することができ、一度にゲノム全体の塩基配列を決定することができる。また、ゲノム全体の塩基配列だけでなく、各後世代個体の遺伝的多型の情報も同時に得ることができる。
技術概要
 
遺伝的変異を持つ2つの親系統とその分離後世代の複数の個体の塩基配列をそれぞれ解析し、塩基配列の繋ぎ合わせの指標として変異部分の分離を参照し、その分離の正当性を確認しながら塩基配列の断片を繋ぎ合わせる。これにより、数十塩基程度の短い大量の塩基配列から既存の塩基配列を参照することなく全ゲノム塩基配列を構築することができる塩基配列決定プログラム、塩基配列決定装置および塩基配列決定方法を得ることができる。そして、かかる塩基配列決定プログラム、塩基配列決定装置および塩基配列決定方法は医療や製薬や創薬や生物学研究などの様々な分野において極めて有用である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
希望譲渡先(国内) 【否】 
特許権実施許諾 【可】
実施権条件 平成10年6月29日付特総第1173号特許庁長官通達「特許権等契約ガイドライン」に基づき、案件ごとに協議のうえ決定。

登録者情報

その他の情報

海外登録国 アメリカ合衆国
関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT