解像度設定方法及びインターフェース装置

開放特許情報番号
L2011001520
開放特許情報登録日
2011/3/25
最新更新日
2013/7/26

基本情報

出願番号 特願2002-338623
出願日 2002/11/21
出願人 株式会社ナナオ
公開番号 特開2004-170822
公開日 2004/6/17
登録番号 特許第3910526号
特許権者 EIZO株式会社
発明の名称 解像度設定方法及びインタフェース装置
技術分野 電気・電子
機能 その他
適用製品 表示装置
目的 コンピュータが出力する映像信号の解像度を、インタフェース装置で設定する解像度設定方法の提供。
効果 (1)コンピュータが出力する映像信号の解像度を、映像信号の走査方向を変換する為のインタフェース装置で設定する解像度設定方法を実現することが出来る。 (2)コンピュータが出力する映像信号の解像度を、予め解像度を含む表示画面情報を記憶しておくことなく、インタフェース装置で設定する解像度設定方法を実現することが出来る。 (3)コンピュータが出力する映像信号の解像度を、インタフェース装置で手動により設定する解像度設定方法を実現することが出来る。
技術概要
コンピュータが出力する映像信号の解像度を、コンピュータ及び表示装置間に接続されたインタフェース装置で設定する解像度設定方法。 表示装置の解像度情報を含む1又は複数種類の表示画面情報を記憶した第1記憶手段をインタフェース装置に設け、インタフェース装置は、接続された表示装置の表示画面情報を取り込み(S4)、取り込んだ表示画面情報に基づき、その表示画面情報及び第1記憶手段が記憶する表示画面情報から選択し(S8)、選択した表示画面情報をコンピュータに与える(S18,24)ようになっている。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社ナナオ

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT