蛍光標識体

開放特許情報番号
L2011001518
開放特許情報登録日
2011/3/25
最新更新日
2012/8/20

基本情報

出願番号 特願2006-115899
出願日 2006/4/19
出願人 富士レビオ株式会社
公開番号 特開2006-329976
公開日 2006/12/7
登録番号 特許第5034302号
特許権者 富士レビオ株式会社
発明の名称 蛍光標識体
技術分野 化学・薬品
機能 検査・検出
適用製品 免疫測定法
目的 多数の蛍光体を導入しても、認識物が変性することなく、蛍光体も消光せずに蛍光強度が増幅される蛍光標識体と、該標識体で標識化された蛍光標識認識物、および該認識物を用いた免疫測定法等を提供すること。
効果 蛍光体の数から想定される通常の総蛍光量和よりも強い蛍光を検出でき、蛍光標識体を高感度化できる。より水溶性および/または検出感度に優れた蛍光標識体および蛍光標識認識物を得られる。蛍光免疫測定等を高感度かつ短時間で実施できる。
技術概要
 
アニオン性基を有する親水性重合体から、共有結合を介して分鎖上に伸びた複数のポリエーテル誘導体の一部に、蛍光体が共有結合により結合された構造の蛍光標識体および、該標識体中の親水性重合体に、直接あるいは分鎖上に伸びたポリエーテル誘導体と共有結合された蛍光標識認識物を用いて、免疫測定等の各種測定を行なう。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】
希望譲渡先(国外) 【可】 

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【有】  ヨーロッパ、北アメリカ、アメリカ合衆国
Copyright © 2018 INPIT