エンドセリン受容体を標的とした高病原性鳥インフルエンザH5N1感染の治療薬

開放特許情報番号
L2011001498
開放特許情報登録日
2011/3/18
最新更新日
2015/7/29

基本情報

出願番号 特願2011-084676
出願日 2011/4/6
出願人 京都府立大学
公開番号 特開2011-231107
公開日 2011/11/17
発明の名称 エンドセリン受容体を標的とした家禽用の高病原性鳥インフルエンザH5N1感染の治療薬
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、有機材料
機能 安全・福祉対策、その他
適用製品 高病原性鳥インフルエンザ(H5N1型)感染の治療薬
目的 エンドセリン受容体拮抗物(ボセンタン水和物)を含有する鳥インフルエンザの治療薬を提供する。
エンドセリン受容体に結合する抗体を含有する鳥インフルエンザの治療薬を提供する。
効果 エンドセリン受容体拮抗物をインフルエンザ治療薬として用いるので、ウイルス感染により誘発されるエンドセリンが引き起こす血管収縮を抑制することができ、ウイルス感染による急死を抑制することができる。
鳥インフルエンザウイルス治療薬として利用することができる。
技術概要
鳥インフルエンザH5N1型は、重度の症状、病変をもたらすだけでなく、これらの変化を特に誘発することなく、短期間で鶏を死亡させるものがある。これは、感染したウイルスの増殖だけが原因ではなく、サイトカインストームのような他の異常な動態によるものと考えられる。このような急死に対しては、ウイルスのエンベロープの生成を阻害する抗ノイラミニダーゼ薬では効果がないおそれがある。
急死の原因はウイルス感染によって誘発されるエンドセリンが引き起こす血管収縮であることを見出し、エンドセリン受容体拮抗薬を鳥インフルエンザウイスル治療薬に含有させる。具体的にはボセンタン水和物を用いる。また、エンドセリン受容体に結合する抗体を用いることもできる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT