複合樹脂及びその製造方法

開放特許情報番号
L2011001435
開放特許情報登録日
2011/3/11
最新更新日
2011/3/11

基本情報

出願番号 特願2008-164143
出願日 2008/6/24
出願人 滋賀県
公開番号 特開2010-006851
公開日 2010/1/14
発明の名称 複合樹脂及びその製造方法
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 力学特性、熱軟化性
目的 結晶性高分子の力学特性や熱軟化性が改善された複合樹脂及びその製造方法の提供。
効果 本技術によると、力学特性や結晶性高分子の熱軟化性が改善された複合樹脂及びその製造方法が提供される。
技術概要
本技術の要旨とするところは、機能物質が樹脂内に導入されてなる複合樹脂の製造方法であって、機能物質が無機物からなり、機能物質のナノサイズ粒子が混合された超臨界状態の炭酸ガスに結晶性高分子を浸漬させる複合樹脂の製造方法である。また、機能物質が樹脂内に導入されてなる複合樹脂の製造方法であって、機能物質が無機物からなり、機能物質のナノサイズ粒子と結晶性高分子との混練物を超臨界状態の炭酸ガスに浸漬させる複合樹脂の製造方法である。さらに、機能物質が樹脂内に導入されてなる複合樹脂の製造方法であって、機能物質がポリマーからなり、超臨界状態の炭酸ガスに結晶性高分子をポリマーの前駆体であるモノマーとともに浸漬させることにより、モノマーを結晶性高分子内に導入したのち、導入されたモノマーを重合させる複合樹脂の製造方法である。
実施実績 【試作】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT