無線通信用端末局装置、無線通信用基地局装置および無線通信システム

開放特許情報番号
L2011001286
開放特許情報登録日
2011/3/4
最新更新日
2016/2/1

基本情報

出願番号 特願2001-059965
出願日 2001/3/5
出願人 独立行政法人情報通信研究機構
公開番号 特開2002-261723
公開日 2002/9/13
登録番号 特許第4608649号
特許権者 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 無線通信用端末局装置、無線通信用基地局装置および無線通信システム
技術分野 電気・電子、情報・通信
機能 機械・部品の製造
適用製品 無線通信用端末局装置、無線通信用基地局装置および無線通信システム
目的 FPGA(Field Programmable Gate Array)のコンフィギュレーションデータのようなプログラムの伝送効率を向上させることができる無線通信用端末局装置、無線通信用基地局装置および無線通信システムを提供する。
効果 端末局側で予め各機能の種々のレイアウト形状に対応するコンフィギュレーションデータをデータベース化しておき、機能のダウンロードの際には基地局側からは実現したい機能の名称と最適なレイアウトの形状と配置位置、およびモジュール間の配線のコンフィギュレーションデータを伝送するようにしている。そのため、消費電力や重量や外見に制限のある端末装置に負担をかけずに、FPGAのコンフィギュレーションデータの、基地局から端末局へのダウンロードを行うことができる。
技術概要
図1は基地局側のソフトウェア無線機の構成を示すブロック図、図2は端末局側の一例の構成を示す機能ブロック図、図3は基地局から端末局にダウンロードを行う際の、基地局と端末局における処理のフローチャート、図4は端末局から基地局にダウンロード要求が発生した場合の基地局と端末局における処理のフローチャート、である。ハードウェアの一部または全部がプログラム可能な論理回路で構成され、論理回路に対するプログラムを受信することによって、所望の無線通信方式を実現するようにした無線通信用端末局装置において、標準化された無線通信方式の機能を実現するモジュールのプログラムと、モジュールに対して追加および/または変更が可能な機能モジュールのプログラムとの、2種類のプログラムのデータベースを備え、データベースには、各機能モジュール毎に、1または複数種類の異なるレイアウト形状に対応する機能モジュールのプログラムが格納される。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT