非結晶性フィブロインフィルム及びその製造方法

開放特許情報番号
L2011001264
開放特許情報登録日
2011/3/4
最新更新日
2013/1/21

基本情報

出願番号 特願2008-134894
出願日 2008/5/23
出願人 国立大学法人群馬大学
公開番号 特開2009-280715
公開日 2009/12/3
登録番号 特許第5126841号
特許権者 国立大学法人群馬大学
発明の名称 非結晶性フィブロインフィルムの製造方法
技術分野 生活・文化
機能 材料・素材の製造
適用製品 非結晶性フィブロインフィルム
目的 柔軟性と十分な強度を併せ持つ、新規な非結晶性フィブロインフィルムを提供する。また、このような非結晶性フィブロインフィルムを製造するための新規な方法を提供する。
効果 非結晶性フィブロインフィルムは、柔軟性と十分な強度を併せ持ち、極めて優れた力学特性を示す。
技術概要
非結晶性フィブロインフィルムの製造方法は、蚕の体内から摘出した絹糸腺のうち、絹糸腺から切り出した中部絹糸腺を10℃以下の温度に維持された純水に浸漬し、純水に浸漬した状態で中部絹糸腺から絹糸腺細胞を取り除くことで腺内の液状絹を得る。ついで、液状絹を10℃以下の温度に維持された純水に浸して、この浸した状態を保持し、液状絹を浸した純水を捨て、再び10℃以下の温度に維持された純水を供給する、純水の交換を一定の間隔で行うことにより、液状絹からセリシンの水溶性成分の溶出分離をするとともに、液状絹からセリシンの難水溶性成分を分離させ、分離して沈澱した沈澱物を取り除く。さらに、セリシンを分離した液状絹を10℃以下の温度に維持された純水に溶解させて透明なフィブロイン水溶液を調製し、フィブロイン水溶液をその底部が平滑なフィルム形成容器に入れて水溶液を容器底部に展開し、水溶液を展開した形成容器を0〜10℃の乾燥雰囲気に保持し、展開した水溶液中の水分を蒸発除去して乾燥固化させて容器底部にフィルムを形成する。図1は回折強度分布曲線を示す図、図2は力学特性結果を示す図、である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT