生物発光測定・解析プログラム、該プログラムを記憶したコンピュータ読み取り可能な記録媒体並びに該プログラムおよび該コンピュータを含む生物発光測定・解析装置

開放特許情報番号
L2011001031
開放特許情報登録日
2011/2/25
最新更新日
2011/2/25

基本情報

出願番号 特願2003-061203
出願日 2003/3/7
出願人 国立大学法人名古屋大学
公開番号 特開2004-271302
公開日 2004/9/30
登録番号 特許第3787631号
特許権者 国立大学法人名古屋大学
発明の名称 生物発光測定・解析プログラム、該プログラムを記憶したコンピュータ読み取り可能な記録媒体並びに該プログラムおよび該コンピュータを含む生物発光測定・解析装置
技術分野 電気・電子
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 ゲノムワイドの遺伝子発現の研究、品種改良のための突然変異体作製、統計処理機能
目的 大量サンプルの遺伝子発現の強さの変動を生きたままの細胞で連続的に測定できる生物発光リアルタイム測定法に関し、コンピュータを用いて、生物発光リアルタイム測定法の長所を最大限に活用し、測定の大規模化に対応する、データの表示・解析を可能とするコンピュータプログラムの提供。
効果 この技術によれば、測定中における測定データのリアルタイム表示が可能となり、測定中に結果を直接見ることができるようになり、進行中の測定を必要な最短時間で切り上げたり、途中で次の実験の準備を柔軟に実施したりできるようになり、生物発光リアルタイム測定法の実験効率の向上することができる。また、例えば、生物試料発光解析に96穴プレートを使用する場合に、一度に96サンプルのデータをまとめて見ることができ、網羅的な大規模測定実験で得られた膨大なデータを短時間で詳細に検討することができる。
技術概要
この技術は、生物試料発光測定・解析プログラムを提供するもので、このプログラムは、コンピュータに対して、所定時点でリアルタイムに送られてくる生物試料の発光測定結果信号を受ける機能と、生物試料発光測定結果信号に基づいて生物試料発光測定結果をリアルタイムで表示し保持する機能と、所定時間後にリアルタイムに送られてくる新たな生物試料発光測定結果信号を受ける機能と、新たな生物試料発光測定結果信号に基づいて生物試料発光測定結果を新たな生物試料発光測定結果にリアルタイムで更新表示し保持する機能とを繰り返し実行させるように構成されている。また、複数の生物試料生物試料について、生物試料発光測定結果をリアルタイムで並べて表示して比較検討を可能とする機能を有している。さらに、各時点でリアルタイムに受けた生物試料の発光測定結果信号に基づいて、リアルタイムでそれぞれの試料毎に発光値の時系列による変動のリズム成分を測定期間中に解析し表示する機能を有し、リズム成分の解析を、ピーク認識法、ボトム認識法、パワースペクトル法のいずれかによって行っている。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT