流動性測定装置及び流動性測定方法

開放特許情報番号
L2011000912
開放特許情報登録日
2011/2/18
最新更新日
2011/8/26

基本情報

出願番号 特願2009-128499
出願日 2009/5/28
出願人 独立行政法人日本原子力研究開発機構
公開番号 特開2010-276436
公開日 2010/12/9
発明の名称 流動性測定装置及び流動性測定方法
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 流動性測定装置
目的 ペレット成型する前段階におけるMOX原料などの粉粒体の流動性を測定・評価するための流動性測定装置及び流動性測定方法を提供する。
効果 比較的少量のサンプルによって粉粒体の流動性の評価を行うことが可能となる。
技術概要
粒体の流動性として質量流量を測定する粉粒体流動性測定方法である。図1は流動性測定装置の模式的な構成を示す図、図2は流動性測定装置におけるコンピューター5による処理のフローチャートを示す図、である。流動性測定装置は、粉粒体を収容する収容部材と、収容部材に設けられる排出口と、収容部材に振動を付与する振動器2、収容部材の振動の振幅を測定する振動測定器3、収容部材の排出口から排出される粉粒体の重量を測定する天秤装置4、振動器に対して所定の周波数及び振幅の振動を発生させる指令を行うと共に、振動測定器3と天秤装置4からのデータを取得し、単位時間あたりの粉粒体の流量データを演算するコンピューター5とからなる。そして、コンピューター5は、一定周波数でかつ一定加速度の振動を振動器2で発生させて収容部材に振動を付与するように指令すると共に、振動測定器3と天秤装置4からのデータを取得し、単位時間あたりの粉粒体の流量データを演算し、演算された単位時間あたりの粉粒体の流量データから、粉粒体の流動性を評価する。図3は、他の例の流動性測定装置の処理フローを示す図である。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT