工業製品の生産支援方法およびプログラム

開放特許情報番号
L2011000860
開放特許情報登録日
2011/2/18
最新更新日
2012/7/27

基本情報

出願番号 特願2007-218241
出願日 2007/8/24
出願人 国立大学法人長岡技術科学大学
公開番号 特開2008-084306
公開日 2008/4/10
登録番号 特許第4971074号
特許権者 国立大学法人長岡技術科学大学
発明の名称 工業製品の生産支援プログラム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 工業製品の最適設計パラメータを求めるシステム
目的 最小限の実験やシミュレーションにより生産者の希望条件を満足する最適な設計パラメータを短時間で求めることができる工業製品の生産支援方法およびプログラムを提供する。
効果 少数の実験により、生産者の希望条件を満足する制御因子の各水準の組み合わせを適切に短時間で選択して、工業製品の開発、生産の期間の短縮化および低コスト化を実現することが出来る。
技術概要
設計者が、設定可能な設計パラメータを制御因子とし、動作特性等の結果に誤差を生じさせるパラメータを誤差因子とし、制御因子と誤差因子にどのパラメータを割り当てるかを決定(手順201)し、直交表(例えば、標準L18直交表など)に複数の制御因子の各水準を割り付ける(手順202)。複数の制御因子のそれぞれに設定された複数の水準の組み合わせの中から選択された一部の組み合わせに対する特性値を求め(手順203)て、組み合わせについて、誤差因子による特性値の変動を求め、一部の組み合わせについての特性値とその変動から、加法性により制御因子の全ての水準の全ての組み合わせについて特性値の平均値と標準偏差を求める(手順204)。次いで、制御因子の全ての水準の全ての組み合わせについて特性値の度数分布を求め(手順205)、工業製品の受注条件、工業製品の生産条件および生産者の希望条件を入力して(手順206)、度数分布により、希望条件を満足する制御因子の水準の組み合わせを抽出する(手順208)。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT