ウィザノライド成分を組み合わせた抗癌剤

開放特許情報番号
L2011000779
開放特許情報登録日
2011/2/18
最新更新日
2015/10/30

基本情報

出願番号 特願2010-262117
出願日 2010/11/25
出願人 国立研究開発法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2012-111713
公開日 2012/6/14
登録番号 特許第5717129号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 ウィザノライド成分を組み合わせた抗癌剤
技術分野 食品・バイオ、化学・薬品、有機材料
機能 制御・ソフトウェア、検査・検出
適用製品 ウィザノン及びウィザフェリンAを有効成分として特定の割合で配合した、腫瘍細胞への殺傷能が高く、正常細胞への毒性の少ない抗癌剤
目的 複数のウィザノライド化合物を特定の割合で組み合わせることで、正常細胞への毒性はなく、しかも癌細胞に対する細胞増殖抑制効果の高い抗癌剤を提供する。
効果 in vitro条件下、及びin vivo条件下において顕著な抗腫瘍活性を有すると共に、癌細胞の浸潤能を弱め、抗転移能を有しているので、優れた抗癌剤として期待される。
NCAM-140発現増進剤、阻害剤としての効果が期待できる。
技術概要
ウィザノイド化合物のうち、ウィザノンとウィザフェリンAとを有効成分として2:1(重量比)の割合で含む(WiNA-21)抗癌剤を提供する。WiNA-21及びWiNA-201は、正常細胞への細胞毒性がなく、しかも、癌細胞に対する細胞増殖抑制能が強力であるという画期的な効果が奏せられる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT