カーボンナノチューブの分散体およびその製造方法

開放特許情報番号
L2011000764
開放特許情報登録日
2011/2/18
最新更新日
2015/10/1

基本情報

出願番号 特願2010-250785
出願日 2010/11/9
出願人 独立行政法人産業技術総合研究所
公開番号 特開2012-102209
公開日 2012/5/31
登録番号 特許第5550075号
特許権者 国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明の名称 カーボンナノチューブの分散体およびその製造方法
技術分野 有機材料、電気・電子、化学・薬品
機能 材料・素材の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 カーボンナノチューブの分散体およびその製造方法
目的 カーボンナノチューブを良好に分散させる方法及び分散液を提供する。
効果 本発明により得られたCNT-P3HT複合体を均一分散したPDMSは、光発熱体として好適に使用できる。
技術概要
カーボンナノチューブ(CNT)とポリ(3-ヘキシルチオフェン)(P3HT)の複合体をポリジメチルシロキサン(PDMS)中に均一に分散してなるカーボンナノチューブ分散体。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT