日本語入力状態表示システム

開放特許情報番号
L2011000756
開放特許情報登録日
2011/2/10
最新更新日
2014/8/27

基本情報

出願番号 特願2010-205051
出願日 2010/9/14
出願人 国立大学法人信州大学
公開番号 特開2012-063804
公開日 2012/3/29
登録番号 特許第5557107号
特許権者 国立大学法人信州大学
発明の名称 日本語入力状態表示システム
技術分野 情報・通信
機能 制御・ソフトウェア
適用製品 コンピュータに装備されている日本語入力システムの入力モードの状態を表示する日本語入力状態表示システム
目的 操作者が、入力モードの状態を確実にかつ容易に把握して、効率的な入力作業を行うことを可能にする日本語入力状態表示システムの提供。
効果 コンピュータ本体に通信装置と表示器とを接続し、表示器により入力モードの別を表示する構成としたことにより、コンピュータの操作者に入力モードの状態を容易にかつ確実に認識させることができ、入力ミスを抑え、入力作業の効率化を図ることができる。また、本発明に係る日本語入力状態表示システムは既存のコンピュータにも適用して利用することができる。
技術概要
コンピュータ本体10と、ディスプレイ装置8と、キーボード装置1とを備えるコンピュータに付設して用いる日本語入力状態表示システムであって、コンピュータ本体10に接続される通信装置4と、通信装置4に接続される表示器3と、コンピュータ本体10にインストールされる入力モードの監視プログラムとを備え、コンピュータ本体10から通信装置4に出力された前記監視プログラムの監視結果に基づいて、起動中のアプリケーションソフトの入力モードの別が、表示器3により表示される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

登録者名称 株式会社信州TLO

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT