快削ステンレス鋼及びその製造方法

開放特許情報番号
L2011000741
開放特許情報登録日
2011/2/10
最新更新日
2018/1/23

基本情報

出願番号 特願2008-527817
出願日 2007/7/30
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 WO2008/016158
公開日 2008/2/7
登録番号 特許第5142289号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 快削ステンレス鋼及びその製造方法
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 固体潤滑材、h−BN(六方晶系窒化ホウ素)粒子
目的 優れた切削性と環境性のみならず耐食性と機械的特性を同時に満足することのできる快削ステンレス鋼とその製造方法の提供。
効果 本技術によれば、化学的に安定で酸あるいはアルカリに侵されることのないh−BN粒子を均一分散析出させて、固体潤滑材として優れた特長を持つh−BNによる切削性を向上させ、耐食性も劣化することもなく、材料に機械的な異方性を示すことのないステンレス鋼とその製造方法を提供することが出来る。
技術概要
この技術は、快削性付与材を添加してなる快削ステンレス鋼であって、快削性付与材が、鋼中に均一に分散析出したh−BN(六方晶系窒化ホウ素)粒子であることを特徴とする。また、快削性付与材を添加してなる快削ステンレス鋼の製造方法であって、h−BN粒子が析出している快削ステンレス鋼を加熱することによりh−BN粒子を固溶消滅させた後急冷し、その後焼もどしを行うこと、又は、h−BN粒子が析出している快削ステンレス鋼を加熱することによりh−BN粒子を固溶消滅させた後、引き続いて徐冷することにより、快削性付与材としてh−BN粒子を再度均一に分散析出させる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT