偏光調整型電気光学装置のための液晶ディスプレイ用ナノロッド配合物

開放特許情報番号
L2011000729
開放特許情報登録日
2011/2/10
最新更新日
2015/10/8

基本情報

出願番号 特願2008-322401
出願日 2008/12/18
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2010-144032
公開日 2010/7/1
登録番号 特許第5382691号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 偏光調整型電気光学装置のための液晶ディスプレイ用ナノロッド配合物
技術分野 電気・電子、有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 有機界面活性剤、液晶ディスプレイ装置
目的 偏光調整型電気光学装置のための液晶ディスプレイ用ナノロッド配合物の提供。
効果 本技術のナノロッド配合物は、液晶ディスプレイ装置に利用可能であり、1)広い視野角、2)十分なコントラスト比、3)装置を稼動するためのしきい(電圧)の低下、そして4)印加電場に対する迅速な応答。等の特性を有する。
技術概要
この技術は、ネマチック液晶と、ドメイン状構造を有する、流動性の有機界面活性剤でコーティングされた(極めて小さな)硫化亜鉛若しくは酸化亜鉛ナノロッドであって、ドメイン内の各々のナノロッドは実質的に平行な状態に並んでいるナノロッドと、を含んでいる液晶ディスプレイ用ナノロッド配合物である。ネマチック液晶は、ホストとしての役割を果たし、そして界面活性剤でコーティングされた極めて小さな硫化亜鉛若しくは酸化亜鉛ナノロッドは、ドーパントとしての役割を果たす。含有量は、好ましくは1mlにつき0.1mg〜0.4mgである。ネマチック液晶として、好ましくはZLI−4792(メルク(Merck))を使用することができ、これはディスプレイ成分として広く使用されており、実際にはホストマトリックスとしても有用な、産業上標準的な試験用液晶の一つである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT