CO酸化触媒

開放特許情報番号
L2011000723
開放特許情報登録日
2011/2/10
最新更新日
2015/10/8

基本情報

出願番号 特願2008-313902
出願日 2008/12/10
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2010-137131
公開日 2010/6/24
登録番号 特許第5187844号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 CO酸化触媒
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 CO酸化触媒
目的 貴金属や希少金属を使用せず、一般に得やすいNiとAlを用いて、CO酸化機能を発現する触媒の提供。
効果 本技術の触媒は、貴金属や希少元素を含有しないにもかかわらず、一酸化炭素(CO)の酸化反応に対して高い触媒活性を示した。さらに空気中でも安定なので、従来のラネーNi触媒より取り扱いが簡単である。
技術概要
 
この技術は、COを酸化してCO↓2にする触媒であって、Ni−Al金属間化合物のナノ粒子からなる。その金属間化合物は、Ni↓3Al,NiAl,Ni相の少なくとも1つ以上の相を有する。又、本技術の触媒において、ナノ粒子のBET比表面積が50m↑2/g以上である。又、本技術の触媒において、NiAl合金インゴットを真空アークプラズマ蒸着法によりナノ粒子化されたものである。そして、マイクロトラック粒度分布測定装置を用いてレーザー回折・散乱法により粒子全体的粒度分布を測定した。ナノ粒子は1nmから800nmまでの範囲であることが分かった。又、透過電子顕微鏡(TEM)及び走査透過電子顕微鏡(STEM)によりナノ粒子のサイズ、形状、組成を分析した。粒子サイズは主に1nmから100nmまでの範囲に分布することが分かった。又、窒素ガス吸着により比表面積を測定した。これらのナノ粒子試料の比表面積(BET法)は、50から112m↑2/gであることが分かった。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT