グラフェン被覆部材とその製造方法

開放特許情報番号
L2011000710
開放特許情報登録日
2011/2/10
最新更新日
2015/10/8

基本情報

出願番号 特願2008-261875
出願日 2008/10/8
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2010-089996
公開日 2010/4/22
登録番号 特許第5626948号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 グラフェン被覆部材の製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 単層グラフェン、二層グラフェン
目的 所望形状の金属基材表面にグラフェン膜を有するグラフェン被覆部材とその製造方法の提供。
効果 本技術によれば、固溶炭素からなるグラフェン膜は、高温蒸着分解法のように蒸気成分の流動等の外乱に影響されることなく整然と生成されることとなり、従来にはない均質なグラフェン膜にて基材を覆った部材である。
技術概要
 
本技術のグラフェン被覆部材は、所望形状の金属基材表面にグラフェン膜を有するグラフェン被覆部材であって、基材は炭素が固溶されており、グラフェン膜は、基材の表面に析出された固溶炭素からなる。又、基材の表面のうち、グラフェン膜が形成されていない箇所が形成されてなる。本技術のグラフェン被覆部材の製造方法は、所望形状形成されてなるにカーボンが固溶された金属基材を真空中にて600℃〜950℃に加熱し、その表面にカーボンを析出させてグラフェンを生成し、引き続き、2×10℃/s〜20×10℃/sの冷却速度で400℃以下に急冷処理することで、生成したグラフェン膜を基材に一体化する。又、グラフェン生成時に、所望の非グラフェン被覆箇所のみをグラフェン生成温度超に加熱し、個所にグラフェン膜を生成させないことを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT