イメージ分光器

開放特許情報番号
L2011000704
開放特許情報登録日
2011/2/10
最新更新日
2015/10/8

基本情報

出願番号 特願2008-229928
出願日 2008/9/8
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2010-066018
公開日 2010/3/25
登録番号 特許第5360539号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 イメージ分光器
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造
適用製品 マイクロレンズアレイ、CCD検出器
目的 対象の形状と光学成分とを同時に取得できるイメージ分光器の提供。
効果 本技術によれば、従来のイメージ分光器がピンホールで画像を取り込むことにより分光後の画像が暗かった点を改良する。さらに、イメージ分光器では回折格子を駆動しなければ複数波長を得ることができなかったものを回折格子を積層することにより同時に複数波長を取り込むことができる。
技術概要
本技術のイメージ分光器は、対象からの光を受ける対物レンズからの光を二次元平面で多数の微小区域に分割するマイクロレンズアレイが配置されている。即ち、光の取り込みスリットを従来はピンホール1個であったところをマイクロレンズm x n個配置することで、ピンホール1個に比べ、およそm x n倍明るくした。本システムはMEMSを用いて作製したラメラ回折格子を取り付けることでより鮮明な画像を得るとともに、マイクロレンズアレイ以降の要素部品を100μmの大きさにおさめることが可能であり、十分内視鏡のカメラとして体内に入れる大きさにできる。主レンズとマイクロレンズのfマッチングから、マイクロレンズアレイの数を682 x 682からそれ以上の数に置換しても同様な作用効果を発揮させ得ることは容易に類推できる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT