高分子ナノワイヤとその製造方法。

開放特許情報番号
L2011000697
開放特許情報登録日
2011/2/10
最新更新日
2015/10/8

基本情報

出願番号 特願2008-200747
出願日 2008/8/4
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2010-036292
公開日 2010/2/18
登録番号 特許第5578596号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 高分子ナノワイヤの製造方法
技術分野 生活・文化
機能 安全・福祉対策
適用製品 エレクトロスピニング法、DNAナノワイヤ
目的 従来には得られない長尺な高分子ナノワイヤの提供。
効果 本技術によれば、個々の直鎖高分子を一次元集合させ、本来の分子鎖長以上に伸長できるため、線幅数から数十nmで長さ数百μmの高度に整列したナノワイヤ群を簡単に作成できる。従来の光リソグラフィでは困難であった100nm以下の線幅パターンの作成ができる。
技術概要
 
この技術の高分子ナノワイヤは、直径の1×10↑4以上の長さを有し、その間に分枝部分や交差部分などのない一次元ワイヤである。又、直鎖高分子は、機能性材料により修飾されている。ここで、高分子ナノワイヤの製造方法は、基板上に直鎖高分子を分散した溶液を滴状に位置させ、その自己組織力により、直鎖高分子を一次元集合させて、その長さ方向に相互に連続してなるナノワイヤを、相互に平行整列させて形成する。尚、直鎖高分子としてDNAに限定されないが、ポリペプチド、リボ核酸(RNA)、アミロース、アクチンフィラメント、糖鎖などがあげられる。また生理活性を持つ分子(ポリペプチドなど)、導電性を持つ分子(例えば、ポリアニリン、ポリピロール、ポリチオフェン、カーボンナノチューブなど)、光学活性を持つ分子(ポリ−L−リジンなど)などの特定の機能をもつ分子を用いてもよい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT