コロイド結晶ゲル、その製造方法、および、それを用いた光学素子

開放特許情報番号
L2011000680
開放特許情報登録日
2011/2/10
最新更新日
2015/10/8

基本情報

出願番号 特願2008-146827
出願日 2008/6/4
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2009-292908
公開日 2009/12/17
登録番号 特許第5365953号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 コロイド結晶ゲル、その製造方法、および、それを用いた光学素子
技術分野 有機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 高分子ゲル中に微粒子が自己組織的に周期配列されたコロイド結晶ゲル
目的 密閉構造を不要とするコロイド結晶ゲル、その製造方法、および、それを用いた光学素子の提供。
効果 このコロイド結晶ゲルを長期間保存する場合、および、これを光学素子に用いる場合であっても、コロイド結晶ゲル中の液体の蒸発を抑制するための密閉構造が不要となる。その結果、コロイド結晶ゲルの保存、および、これを用いた光学素子には、専用の密閉構造が不要となるので、取扱が簡便となることに加えて、既存の容器を適宜採用した安価な光学素子が提供される。さらには、光学素子の設計の自由度を飛躍的に向上させる。
技術概要
この技術のコロイド結晶ゲルは、高分子ゲル中に微粒子が自己組織的に周期配列されており、高分子ゲルにイオン液体が含有されている。また、コロイド結晶ゲルにおいて、微粒子の配列が接触充填状態であり、イオン液体は、1−エチル−3−メチルイミダゾリウムビストリフルオロメチルスルフォニルイミド、トリヘキシルテトラデシルフォスフォニウムクロライド、および、トリヘキシルテトラデシルフォスフォニウムジシアナミドからなる群から選択されることを特徴とする。微粒子の配列が非接触充填状態であることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT