TiN基結晶体とその結合体。

開放特許情報番号
L2011000677
開放特許情報登録日
2011/2/10
最新更新日
2015/10/8

基本情報

出願番号 特願2008-131424
出願日 2008/5/20
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2009-280419
公開日 2009/12/3
登録番号 特許第4997542号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 TiN基結晶体ナノ粒子及びその製造方法、並びにTiN基結晶体ナノ粒子の集合体及びその製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 サーメット、電子素子、TiN膜コーテング、硬性、耐摩耗性、耐食、耐酸化性
目的 添加元素を利用して、様々な形状の結晶体やその集合体の提供。
効果 正方形状でしかないTiN結晶の側部に凸部を形成して、球状に近い形状にしたり、この凸部を媒介にして線状に結合した、線状体を提供することができた。このような形状のものは、TiN結晶の多用途化、特に三次元的な構造構成を可能にするものである。
技術概要
この技術のTiN基結晶体は、その側面に添加元素からなる凸部を有する。その添加元素がCu又はAgであることを特徴とする。TiN基結晶体が添加元素からなる凸部を介して線状に連結している。結合体を創成し解析したところ、70原子%Ti−30原子%Agおよび80原子%Ti−20原子%Ag合金はTiNとAgのピークのみ存在しており、他の金属間化合物や窒化物などは検出されなかった。このことより、正方形の結晶は、殆ど添加元素が含まれないTiN基結晶体であり、凸部は、添加元素であるAg単独の組成を有するものと推察される。また、70原子%Ti−30原子%CuはTiNとCuのピークのみ存在しており、他の金属間化合物や窒化物などは検出されなかった。なお、80原子%Ti−20原子%合金は赤丸部に他の存在が認められるがほぼTiNとCuより構成されているものと推定する。このことより、正方形の結晶は、殆ど添加元素が含まれないTiN基結晶体であり、凸部は、添加元素であるCu単独の組成を有するものと推察される。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT