ナノ結晶粒子分散液と電子デバイス並びにその製造方法

開放特許情報番号
L2011000674
開放特許情報登録日
2011/2/10
最新更新日
2015/10/8

基本情報

出願番号 特願2008-116625
出願日 2008/4/28
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2009-267190
公開日 2009/11/12
登録番号 特許第5682880号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 ナノ結晶粒子分散液と電子デバイス並びにその製造方法
技術分野 電気・電子
機能 機械・部品の製造、検査・検出
適用製品 導電性若しくは半導電性成分、導電体部若しくは半導電体部、電子デバイス作成用の液
目的 塗布、乾燥手法によっても、従来のスパッタリング法、蒸着法等を用いた電子デバイスと同様な品質を有することが可能な分散液の提供。
効果 基板に対する熱負荷を掛けずに、結晶性を生かした性能を発揮させることが出来るものである。また、本ナノ結晶粒子を懸濁した溶液のスピンコート、もしくは、インクジェット印刷による堆積が可能であるため、大面積デバイスを高速に作成することを実現する。さらに、結晶性の高いナノ結晶粒子を予め高温で合成し、これを低温で基板上に堆積することが可能となるため、耐熱性や耐環境性の低い基板上に高品質な層を形成することを実現する。
技術概要
この技術のナノ結晶粒子分散液は、導電性若しくは半導電性成分からなる無機ナノ結晶粒子が液状分散媒中に分散されてなることを特徴とする。上記ナノ結晶粒子分散液において、分散媒には、分散した無機ナノ結晶粒子の成分と同様な成分が溶解されており、分散媒は、ナノ結晶粒子に対して難溶解性である。またナノ結晶粒子分散液であって、インクジェット印刷用の液体を分散媒としてあることを特徴とする。更に基板上に配置した電極を半導体部により接続してなる電子デバイスであって、少なくとも半導体部若しくは導電体部のいずれかが一方が半導体ナノ結晶粒子の凝集体からなることを特徴とする。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT