蛍光体とその製造方法

開放特許情報番号
L2011000636
開放特許情報登録日
2011/2/10
最新更新日
2017/12/27

基本情報

出願番号 特願2007-509281
出願日 2006/3/20
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 WO2006/101095
公開日 2006/9/28
登録番号 特許第4894048号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 蛍光体とその製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 β型Si↓3N↓4結晶構造、緑色蛍光、蛍光体
目的 Eu添加による希土類付活サイアロン蛍光体において、緑色の輝度が特に高く、耐久性に優れる緑色蛍光体の提供。
効果 この技術の蛍光体は、β型Si↓3N↓4結晶構造を持つサイアロン結晶を主成分として含有していることにより、従来のサイアロンや酸窒化物蛍光体より500nm〜600nmの波長域での発光強度が高く、緑色の蛍光体として優れている。
技術概要
 
この技術では、組成式Eu↓aSi↓bAl↓cO↓dN↓e(式中、a+b+c+d+e=1とする)で表され、式中のパラメータa、c、dが、0.00035≦a≦0.002・・・・・・・・・(1)0.008≦c≦0.025・・・・・・・・・・・(2)0.0005≦d≦0.01・・・・・・・・・・・(3)の条件を満たすβ型Si↓3N↓4結晶構造を持つ結晶にEuが固溶したサイアロン結晶を含み、励起源を照射することにより波長500nmから600nmの範囲の波長にピークを持つ緑色蛍光を発光する、蛍光体を提供する。パラメータa、b、c、d、eが、0.72≦(a+b+c)/(d+e)≦0.78の条件を満たすことが好ましい。また、サイアロン結晶が、fSi↓3N↓4・gAlN・hEu↓2O↓3(式中f+g+h=1)のモル組成で表され、パラメータgとhは、0.04≦g≦0.14、かつ、0.002≦h≦0.006の条件を満たすことが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT