薄片状珪酸塩粉末の製造方法

開放特許情報番号
L2011000631
開放特許情報登録日
2011/2/10
最新更新日
2017/12/27

基本情報

出願番号 特願2007-501647
出願日 2006/2/3
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 WO2006/082927
公開日 2006/8/10
登録番号 特許第4747343号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 薄片状珪酸塩粉末の製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 薄片状珪酸塩粉末
目的 一次粒子径の大きな非膨潤性ケイ酸塩の規則的な積層を劈開させて薄片状珪酸塩粉末を工業的に製造する方法の提供。
効果 非膨潤性層状珪酸塩に正電荷有機化合物を添加した混合物を加熱して正電荷有機化合物を燃焼させることにより、薄片状の形態を有する珪酸塩粉末の提供が可能となる。厚みの制御が可能であり、化粧品や塗料への応用が期待される。
技術概要
 
この技術では、層間にKイオンを有し、一次粒子径が2μmより大きい非膨潤性層状珪酸塩の層間に正電荷有機化合物がインターカレーションしてなる複合物を400℃以上の温度で加熱して正電荷有機化合物を燃焼させることを特徴とする薄片状珪酸塩粉末の製造方法を提供する。非膨潤性層状珪酸塩が一般式で表される層状珪酸塩であることが好ましい。[(K↓aM↓(0.1−b))(X↓cY↓d)(Si↓(4−e)Al↓e)O↓(10)(OH↓fF↓(2−f))]但し、0.6≦a≦1.0、0≦b≦0.1、0≦c≦3、0≦d≦2、2≦c+d≦3、0≦e<4、0≦f≦2であり、Mは層間にあるK以外のカチオンであって、Li、Na、Rb、Cs、NH↓4、Be、Mg、Ca、Sr、Ba、Mn、Fe、Ni、Cu、Zn、Alのうちの少なくとも1つ、XとYは、2:1型シート内に形成される八面体内に入る金属であって、Xは、Mg、Fe、Mn、Cu、Ni、Zn、Liのうちの少なくとも1つ、Yは、Al、Fe、Mn、Ti、Crのうちの少なくとも1つである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT