アクリル系粘着剤組成物およびそれを用いた感圧性粘着シート

開放特許情報番号
L2011000619
開放特許情報登録日
2011/2/10
最新更新日
2015/10/7

基本情報

出願番号 特願2007-271689
出願日 2007/10/18
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2009-096930
公開日 2009/5/7
登録番号 特許第5105355号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 アクリル系粘着剤組成物およびそれを用いた感圧性粘着シート
技術分野 化学・薬品
機能 機械・部品の製造、材料・素材の製造
適用製品 アクリル系粘着剤組成物、感圧性粘着シート
目的 被着体に対し充分な粘着力を有し、耐熱性に優れ、特に高温での接着特性に優れるとともに接着力のばらつきが抑制されたアクリル系粘着剤組成物およびそれを用いた感圧性粘着シートの提供。
効果 この技術の粘着剤組成物は、被着体に対し充分な粘着力を有し、耐熱性に優れ、特に高温での接着特性に優れるとともに接着力のばらつきが抑制される。したがって、これを粘着剤として用いた感圧性粘着シートも同様の効果を有した良好なものとなる。
技術概要
 
この技術では、アクリル系粘着剤組成物は、(A)成分とともに、(B)成分および(C)成分を含有する。ここで、(A)成分は、アルキル基の炭素数が4〜14個である(メタ)アクリル酸アルキルエステルの単独もしくは共重合体からなるビニル系ポリマーであり、(B)成分は、有機アニオンにより有機化処理された層状複水酸化物であり、(C)成分は、架橋剤であるものとする。また、このアクリル系粘着剤組成物を用いた感圧性粘着シートを提供する。また、(B)成分の有機アニオンが、アミノ酸の陰イオン等のアミノ酸に由来するアニオンおよび脂肪酸の陰イオン等の脂肪酸に由来するアニオンの少なくとも一方であることが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT