有機−無機複合体および高分子複合材料ならびにその製造方法

開放特許情報番号
L2011000595
開放特許情報登録日
2011/2/10
最新更新日
2017/12/27

基本情報

出願番号 特願2006-532770
出願日 2005/8/25
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 WO2006/022431
公開日 2006/3/2
登録番号 特許第5024783号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 有機−無機複合体および高分子複合材料ならびにその製造方法
技術分野 有機材料、無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 有機−無機複合体、高分子複合材料
目的 高結晶性の非膨潤性層状珪酸塩を有機化した有機−無機複合体と、その層状珪酸塩を高分子マトリックス中に剥離分散した高分子複合材料の製造を可能にする方法の提供。
効果 非膨潤性で大きな結晶粒子の層状珪酸塩を使用した有機−無機複合体を実現できる。この技術で用いる層状珪酸塩粒子は、元々の粒子も合成フッ素マイカ粒子などよりもアスペクト比が大きく、それを充填剤として用いて高分子と複合化する際の成形加工で薄片化するので、従来のスメクタイト系ナノコンポジットや合成フッ素マイカを充填剤として用いた場合よりもはるかに大きなアスペクト比になり大きな補強効果が得られる。
技術概要
 
この技術では、[K↓aM↓(0.1−b))(X↓cY↓d)(Si↓(1−e)Al↓e)O↓(10)(OH↓fF↓(2−f))]で表され、一次粒子の平均粒子径が2μm〜500μmで、層間イオンがKであるマイカ組成の非膨潤性の層状珪酸塩に、正電荷有機化合物をインターカレーションしてなることを特徴とする有機−無機複合体を提供する。但し、0.6≦a≦1.0、0≦b≦0.1、0≦c≦3、0≦d≦2、2≦c+d≦3、0≦e<4、0≦f≦2であり、Mは層間にあるK以外のカチオンであって、Li、Na、Rb、Cs、NH↓4、Be、Mg、Ca、Sr、Ba、Mn、Fe、Ni、Cu、Zn、Alのうちの少なくとも1つ、XとYは、2:1型シート内に形成される八面体内に入る金属であって、Xは、Mg、Fe、Mn、Ni、Zn、Liのうちの少なくとも1つ、Yは、Al、Fe、Mn、Crのうちの少なくとも1つである。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT