Pt/CeO2/導電性炭素ナノへテロアノード材料およびその製造方法

開放特許情報番号
L2011000593
開放特許情報登録日
2011/2/10
最新更新日
2017/12/27

基本情報

出願番号 特願2006-529286
出願日 2005/7/14
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 WO2006/006739
公開日 2006/1/19
登録番号 特許第5164089号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 Pt/CeO2/導電性炭素ナノへテロアノード材料およびその製造方法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 高分子型燃料電池用固体電解質、センサー、Pt/CeO↓2/導電性炭素ナノへテロアノード材料
目的 CO酸化活性の問題のないPt/CeO↓2/導電性炭素ナノへテロアノード材料およびその製造方法の提供。
効果 燃料電池などに利用可能なアノード電極特性を大幅に改良することができ、燃料電池を始め各種センサー等の性能アップと、優れた性能の長期安定性に大いに寄与するものと期待される。とりわけ、近年注目されている高分子型燃料電池の小型化、高出力化には大いに寄与するものと期待される。
技術概要
 
この技術では、一般式が、X*Pt/Y*CeO↓2/Z*carbon(ただし式中、X、Y、Zは、それぞれ白金Pt、CeO↓2、carbonの重量含有割合であり、0.1≦X≦0.4、0.1≦Y≦0.4、Z=1−X−Yであり、Carbonは導電性カーボンを表す)で表され、希土類元素などの成分を固溶しない未ドープCeO↓2粉末の一次粒子径が10ナノメーター以上50ナノメーター以下であり、2次粒子径が60ナノメーター以上300ナノメーター以下のナノサイズ粒子であり、かつ柱状粒子と球状粒子の割合が、個数割合にして、球状粒子が50%以上、柱状粒子のアスペクト比が20以下、柱状粒子の短径方向の径が300ナノメーター以下、白金の一次粒子径が50ナノメーター以下、2次粒子径が300ナノメーター以下であり、それ以外の成分が導電性炭素からなることを特徴とする、高分子型燃料電池用Pt/CeO↓2/導電性炭素系ナノへテロアノード材料を提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT