ニッケルフリー高窒素ステンレス鋼、並びにこれを用いた生体用又は医療用のインプラント等、装身具等及び厨房用器具等

開放特許情報番号
L2011000591
開放特許情報登録日
2011/2/10
最新更新日
2016/6/1

基本情報

出願番号 特願2006-197418
出願日 2006/7/19
出願人 国立研究開発法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2007-051368
公開日 2007/3/1
登録番号 特許第4845109号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 ニッケルフリー高窒素ステンレス鋼、並びにこれを用いた生体用又は医療用のインプラント等、装身具等及び厨房用器具等
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 インプラント、ステント、装身具、装飾品、衣料類部品、厨房用器具、食器、非磁性ステンレス鋼
目的 人体の安全性にも、また耐久性にも優れた生体用又は医療用のインプラント、ステント又は器具、装身具乃至装飾品又は衣料類部品、及び厨房用器具又は食器類の3種のいずれに対しても適用しうるステンスレ鋼材料の提供。
効果 人体アレルギーの発症の問題を解決すると共に、従来品よりも著しく優れた耐食性、強度、耐摩耗性及び延性を有し、また素材から各種製品を製造する際の加工性においても従来材よりも一層優れた金属材料としての新しいニッケルフリー高窒素ステンレス鋼を提供することが可能となる。
技術概要
 
この技術では、耐食性、強度、成形性及び耐摩耗性に優れたニッケルフリー高窒素ステンレス鋼は、化学成分組成(質量%)として、0<C≦0.08、0≦Si<0.50、0≦Mn≦1.50、15≦Cr≦30、0≦Ni<0.05、1≦Mo≦10、1.00<N≦2.00、0≦Ca<0.005、を含有し、そして残部がFe及び不可避不純物からなり、しかも、Cr、Mo及びNの各含有量は、式:PRE=(Cr含有量)+(Mo含有量)×3+(N含有量)×10で表される耐食性指数(PRE)が、PRE>150×A及び、PRE>3.5×D、但し、Aは鋼中非金属介在物の面積占有率(%)、Dは鋼中非金属介在物の最大直径(μm)である、を同時に満たす化学成分組成及び非金属介在物の清浄特性を有するものとする。更に、化学成分組成としてAlが、0.0005〜0.015質量%の範囲内で付加されて含有されていることが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT