耐熱性ダイヤモンド複合焼結体とその製造法

開放特許情報番号
L2011000575
開放特許情報登録日
2011/2/10
最新更新日
2015/10/9

基本情報

出願番号 特願2002-367354
出願日 2002/12/18
出願人 独立行政法人科学技術振興機構、独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2004-196595
公開日 2004/7/15
登録番号 特許第3877677号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 耐熱性ダイヤモンド複合焼結体とその製造法
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 耐熱性ダイヤモンド複合焼結体
目的 焼結助剤を全く含有しない微細な粒子からなる耐熱性ダイヤモンド焼結体を合成する方法の提供。
効果 この技術の製造法により合成される耐熱性ダイヤモンド複合焼結体は、切削工具の分野での高性能工具、耐熱性の要求されるオイルビット等の工業用用途ばかりでなく、ダイヤモンド固有の高い屈折率を持っていることはもちろんであるが、焼結助剤なしのダイヤモンド焼結体独特の輝きを持っていることや、大型焼結体を製造することが容易であることから、宝飾用の用途としての新たな用途が期待される。
技術概要
この技術では、平均粒子径が200nm以下である超微粒合成ダイヤモンド粉末の焼結体からなり、焼結体は焼結助剤なしで静的圧縮法による超高圧装置を用いて焼結された、ダイヤモンド結晶と生成した微量の非ダイヤモンド炭素とからなる複合焼結体であり、ヴィカース硬さが85GPa以上であることを特徴とする耐熱性ダイヤモンド複合焼結体を提供する。また、平均粒子径が200nm以下である合成ダイヤモンド粉末をTa又はMo製カプセルに封入し、カプセルを圧力媒体中に収容し、静的圧縮法による超高圧合成装置を用いてダイヤモンドの熱力学的安定条件の2100℃以上の温度、7.7GPa以上の圧力下で加熱加圧することによりダイヤモンド粉末を焼結することを特徴とする耐熱性ダイヤモンド複合焼結体の製造法を提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT