熱電変換材料用硫化ランタン焼結体およびその製造方法

開放特許情報番号
L2011000570
開放特許情報登録日
2011/2/10
最新更新日
2015/10/9

基本情報

出願番号 特願2002-056559
出願日 2002/3/1
出願人 独立行政法人科学技術振興機構、独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2003-258322
公開日 2003/9/12
登録番号 特許第3877060号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 熱電変換材料用硫化ランタン焼結体およびその製造方法
技術分野 機械・加工
機能 材料・素材の製造
適用製品 熱電変換材料、硫化ランタン焼結体
目的 大きなゼーベック係数を持ち、電気伝導性を付加することで、比抵抗が小さく大きな性能指数を有する熱電変換素子用材料の開発。
効果 この技術により結晶構造がβ型を主成分とし、微量のγ型成分を有する硫化ランタン焼結体が得られ、焼結体の脆さや電気的性質が改善され、比抵抗が100kΩ・cm以下を実現することができる。
技術概要
 
この技術では、β型硫化ランタン粉末と金属パラジウム粒を混合して焼結した結晶構造がβ型を主成分とし、微量のγ型成分を有する硫化ランタン焼結体であって、1〜5質量%の金属パラジウムを含有し、比抵抗が100kΩ・cm以下であることを特徴とする熱電変換材料用硫化ランタン焼結体を提供する。また、不純物としての酸素含有量が1.1重量%以下の高純度β型硫化ランタン粉末と粒径が10μm以下の金属パラジウム粒を混合し、常温において、25MPa以上の圧力で圧縮成型した後、1200℃から1500℃の温度範囲で、真空中または不活性ガス中で30分以上焼成することを特徴とする熱電変換材料用硫化ランタン焼結体の製造方法を提供する。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT