タンタル酸リチウム単結晶、およびその光機能素子

開放特許情報番号
L2011000561
開放特許情報登録日
2011/2/10
最新更新日
2015/10/9

基本情報

出願番号 特願2000-363531
出願日 2000/11/29
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2002-167297
公開日 2002/6/11
登録番号 特許第4729698号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 タンタル酸リチウム単結晶、およびその光機能素子
技術分野 金属材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 タンタル酸リチウム単結晶、光機能素子
目的 紫外域における光学素子用材料として有用と考えられる定比に近い組成比を有するタンタル酸リチウム単結晶の提供。
効果 この技術によれば、タンタル酸リチウム単結晶の紫外域、特に280nm〜320nmにおける光吸収を少なくすることができる。この光吸収低減は、390nmより短い波長域の耐光損傷性を向上させるのにも有効な手段である。よって、従来実現しなかった300nm付近の高効率光機能素子が実現することができる。
技術概要
この技術では、Liが定比組成よりも過剰な組成の融液から育成されたタンタル酸リチウム単結晶であって、Na量が10wtppm以下であり、Li↓2O/(Ta↓2O↓5+Li↓2O)のモル分率が0.4900〜0.5200であることを特徴とするタンタル酸リチウム単結晶を提供する。Na量が10wtppmより多いと吸収係数が300nm付近の波長域で極度に大きくなり始めるため、実際の使用に耐えられない。また、Na含有量を5.0wtppm以下さらには2.5wtppm以下とすればさらに良好な特性が得られ、2.5wtppm以下では320nmの波長域において0.50cm↑(−1)以下の吸収係数が得られる。大量生産上実用的に好ましいモル分率の範囲は0.5000〜0.5100である。結晶成長速度は5mm/h以下、さらには1mm/h以下とすることが好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT