カソード材料

開放特許情報番号
L2011000545
開放特許情報登録日
2011/2/4
最新更新日
2015/10/8

基本情報

出願番号 特願2009-289949
出願日 2009/12/22
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2010-251297
公開日 2010/11/4
登録番号 特許第5493085号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 カソード材料
技術分野 有機材料、無機材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 簡便な操作で得られ、高分子形燃料電池用カソード、ダイレクトメタノール形燃料電池用カソード、各種センサー用カソード等として広く利用される。
目的 従来のPt/第2成分/導電性炭素系カソード材料は、電極触媒活性や価格の面など、いくつかの点で困難な問題があった。このような問題のないカソード材料を提供する。
効果 高分子形燃料電池の小型化、高出力化には大いに寄与するものと期待され、産業界におけるその利用価値は極めて大きい。
技術概要
Pt粒子を電極物質とし、炭素粒子を導電物質としたカソード材料であって、Pt粒子がセリア粒子表面に担持されている。尚、Pt粒子表面に、Pt1価が5体積%以上存在し、また、Pt2価が、10体積%以上存在し、Pt4価の存在割合が、10体積%以下でありかつ4電子反応を示す。また、Pt粒子の比表面積が20m↑2/g以上(COストリピング法による)であり、セリア粒子の比表面積が20m↑2/g以上70m↑2/g以下(B.E.T法にによる)である。また、セリア粒子の比表面積が20m↑2/g以上70m↑2/g以下(B.E.T法にによる)である。また、カソード材料において、その組成を示す式を↓XPt/↓YCeO↓2/↓Zcarbon(Z=100−X−Y)としたとき、0.01≦X≦70、20≦Y≦40である。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT