ナノ粒子作製装置とそれを用いたナノ粒子作製方法

開放特許情報番号
L2011000544
開放特許情報登録日
2011/2/4
最新更新日
2011/2/4

基本情報

出願番号 特願2009-280039
出願日 2009/12/10
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2010-095442
公開日 2010/4/30
発明の名称 ナノ粒子作製装置とそれを用いたナノ粒子作製方法
技術分野 無機材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 簡便な操作で得られ、電気・電子分野等で広く利用される。
目的 ナノ粒子生成技術の内、アークプラズマを利用した技術をより一層改良する方法を提供する。
効果 カーボンるつぼを利用することで、無機塊状物がアークプラズマにて加熱された温度が、他に逃げず、安定した温度で無機塊状物のナノ粒子化が行えるようになった。
技術概要
炉内に設置した両電極間に発生したアークプラズマにより、無機塊状物からナノ粒子を生成するナノ粒子作製装置であって、無機塊状物の設置個所にカーボンるつぼが配置され、カーボンるつぼに無機塊状物を保持させて、アークプラズマを発生させ得るようにしてある。尚、ナノ粒子作製装置において、カーボンるつぼは陽極電極上に設置してある。更に、ナノ粒子作製装置を用いたナノ粒子作製方法であって、ナノ粒子生成中の炉内の雰囲気は、窒素単独若しくは窒素が50%以上含有されている不活性ガスとした。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT