窒化アルミニウムナノリボン

開放特許情報番号
L2011000541
開放特許情報登録日
2011/2/4
最新更新日
2015/10/8

基本情報

出願番号 特願2009-195249
出願日 2009/8/26
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2009-280497
公開日 2009/12/3
登録番号 特許第4930952号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 窒化アルミニウムナノリボン
技術分野 金属材料、無機材料、電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 簡便な操作で得られ、電子用基板、パッケージング材料、高温用材料、構造材料等として広く利用される。
目的 柔軟性に富んだ、厚さの非常に薄い窒化アルミニウムナノリボンを提供する。
効果 セラミック複合材料の強化材や電子用基板、パッケージング材料、高温用材料、構造材料などに有望な、柔軟性に富んだ窒化アルミニウムナノリボンを提供することが可能となる。
技術概要
幅800〜900ナノメートルおよび厚さ20〜30ナノメートルからなる、窒化アルミニウムナノリボンである。尚、アルミナ粉末とグラファイト粉末の混合物を不活性ガスを流しながら1350〜1600℃で0.4〜0.5時間加熱した後、不活性ガスをアンモニアガスに切り替え、1400〜1500℃で2.5〜3時間加熱して幅800〜900ナノメートル、厚さ20〜30ナノメートルを有する窒化アルミニウムナノリボンを得る。また、アルミナ粉末とグラファイト粉末のモル比は1:1.5〜1:2の範囲が好ましい。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT