導電性高分子アクチュエータ材料

開放特許情報番号
L2011000540
開放特許情報登録日
2011/2/4
最新更新日
2015/10/8

基本情報

出願番号 特願2009-129136
出願日 2009/5/28
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2010-275417
公開日 2010/12/9
登録番号 特許第5388192号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 導電性高分子アクチュエータ材料
技術分野 有機材料、無機材料、生活・文化
機能 材料・素材の製造、安全・福祉対策
適用製品 簡便な操作で得られ、介護ロボット等の生活支援システム等の分野で広く利用される。
目的 高伸縮率を維持し、発生応力を増大させることができる導電性高分子アクチュエータ材料を提供する。
効果 人の筋肉のように柔らかく、人の何十倍もの大きな力を発生させる、導電性高分子アクチュエータ材料の開発が可能となった。
技術概要
導電性高分子からなり、電解液中での加電によりひずみを生じる導電性高分子アクチュエータ材料であって、導電性高分子内に一様に分散されたカーボンナノチューブの表面が高分子と化学的に結合されている。尚、導電性高分子アクチュエータ材料において、導電性高分子モノマーおよび導電性高分子に出入りし伸縮させるイオン種添加のカーボンナノチューブ分散液を用いて、電解重合させて合成されている。また、カーボンナノチューブが多層カーボンナノチューブであり、カーボンナノチューブと高分子とは、カルボキシル基を介して結合されており、また、高分子としてポリピロールを用いる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT