フラーレンファイバーの生成方法

開放特許情報番号
L2011000531
開放特許情報登録日
2011/2/4
最新更新日
2015/10/8

基本情報

出願番号 特願2009-096566
出願日 2009/4/13
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2010-248642
公開日 2010/11/4
登録番号 特許第5435548号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 フラーレンファイバーの生成方法
技術分野 電気・電子
機能 材料・素材の製造
適用製品 フラーレンファイバーの生成に適用する。
目的 特定の溶媒を用いるフラーレンファイバーの生成方法を提供する。
効果 フラーレンファイバーのアスペクト比を確実に調整できる生成方法が可能になる。
技術概要
フラーレンを良溶媒に溶解した飽和溶液と、フラーレンに対して貧溶媒となる液との界面に、フラーレンからなるナノファイバーを析出させるに際し、貧溶媒液中に水を混合させるフラーレンファイバーの生成方法にする。混合される水の分量を、生成されるフラーレンファイバーのアスペクト比に比例して調整するようにするのが好ましい。例えば、良溶媒としてトルエン、ベンゼン、ピリジン等が用いられ、また、貧溶媒としてメタノール、エタノール、イソプロピルアルコール等が用いられ、常温における合成では、水の添加量を3質量%を上限として行われる(図)。かくして、従来のように高純度溶媒を用いることなく、より安価な溶媒を用いてフラーレンファイバーの合成ができる。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT