コランダム型酸化スカンジウム結晶

開放特許情報番号
L2011000529
開放特許情報登録日
2011/2/4
最新更新日
2015/10/8

基本情報

出願番号 特願2009-094764
出願日 2009/4/9
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2010-241656
公開日 2010/10/28
登録番号 特許第5419073号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 コランダム型酸化スカンジウム結晶
技術分野 無機材料
機能 材料・素材の製造
適用製品 コランダム型酸化スカンジウム結晶に適用する。
目的 特定の結晶構造を有するコランダム型酸化スカンジウム結晶を提供する。
効果 数十ナノサイズの粒子径を有し、従来のC型希土類構造より数%高い密度をもつコランダム型酸化スカンジウム結晶が可能になる。
技術概要
コランダム型構造を有し、コランダム型構造を常温で保有する酸化スカンジウム結晶とする(図1)。コランダム型構造が硫化ガドリニウム型構造から変性されたものであることが好ましい。このコランダム型酸化スカンジウム結晶は、例えば、ダイヤモンドアンビルセル高圧装置(図2)に、C型希土類構造の酸化スカンジウムSc↓2O↓3からなる試料を封入の後、18GPa以上に加圧し、1300℃以上の高温高圧条件で、赤外レーザー等のレーザービームを照射して得られる。これにより、酸化アルミニウム同様のコランダム型構造をとることから、クロム(Cr)等の遷移金属元素やイットリビウム(Yb)等の希土類元素を添加することにより、蛍光特性を持つ物質になり得、C型希土類構造をもつYb:Sc203とは違う蛍光特性が期待され、また、生成される形状がナノサイズ粒径であることから、塗布材として応用できる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT