組織再生方法

開放特許情報番号
L2011000521
開放特許情報登録日
2011/2/4
最新更新日
2015/10/8

基本情報

出願番号 特願2009-063698
出願日 2009/3/17
出願人 独立行政法人物質・材料研究機構
公開番号 特開2010-213877
公開日 2010/9/30
登録番号 特許第5557084号
特許権者 国立研究開発法人物質・材料研究機構
発明の名称 組織再生方法
技術分野 食品・バイオ
機能 安全・福祉対策
適用製品 生体の欠損部位の組織を再生する組織再生に適用する。
目的 特定の足場材を用いる組織再生方法を提供する。
効果 適用部位においても免疫拒絶反応、炎症反応等の要因となる材料を有さない組織再生方法が可能になる。
技術概要
対象生体由来の細胞により作成された細胞外マトリックス多孔質足場材を用いて、対象生体の細胞を培養して全自家組織を再生する組織再生法にする。再生する組織は対象生体(身体)の一部であれば、どんな組織でもよく、例えば軟骨、皮膚、血管、筋肉、乳房、肝臓等が挙げられ、また、生体組織の再生に利用できる細胞として、胚性幹細胞、例えば神経幹細胞、造血幹細胞等の体性幹細胞と分化した例えば平滑筋細胞、表皮角化細胞等の体細胞が挙げられ、それらいずれも用いることができる。そして、例えば、生体吸収性高分子である乳酸/グリコール酸の共重合体(PLGA)のメッシュ体(多孔質培養床)を用いてヒト骨髄由来の間葉系幹細胞を培養し、続いて、脱細胞化を行った後、PLGAメッシュ体を溶出することにより、間葉系幹細胞由来の細胞外マトリックスからなる多孔質足場材を作製できる(図)。
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT