2次元バーコード並びにその読取システム及び生成システム

開放特許情報番号
L2011000489
開放特許情報登録日
2011/2/4
最新更新日
2013/12/20

基本情報

出願番号 特願2009-136882
出願日 2009/6/8
出願人 国立大学法人島根大学
公開番号 特開2010-282530
公開日 2010/12/16
登録番号 特許第5392711号
特許権者 国立大学法人島根大学
発明の名称 2次元カラーバーコード
技術分野 情報・通信
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア
適用製品 2次元バーコード並びにその読取システム及び生成システム
目的 種々の情報を記憶可能な2次元バーコード、2次元バーコード読取システム及び2次元バーコード生成システムを提供する。
効果 各層の2次元バーコードに対しては、白黒の何れかで各セルが表現される2次元バーコードに関する読取・生成アルゴリズムをそのまま適用可能であるため、既存のシステムへの組入れが容易になる。また、高いセキュリティを確保することが容易になる。
技術概要
図1はバーコード装置の構成を示す概略図、図2は2次元バーコード生成装置の構成を示すブロック図、図3は2次元バーコード読取装置の構成を示すブロック図、図4はデコード部の構成を示すブロック図、である。行列状に区画された複数のセルのそれぞれが予め定められた2のk剰色のカラーの何れかで表される2次元バーコード1を読取るにあたり、2次元バーコード1を取込データとして取込む取込手段13と、取込データから元情報を復元する復元手段52と、各種情報が記憶される記憶手段4とを備えた2次元バーコード読取システムであって、取込データに基づいてマトリックス状に区画された複数の各セルが2色のカラーの何れかで表される2次元バーコード2をk層有する多層化2次元バーコード3に変換する多層化手段6を備え、該多層化2次元バーコード3を構成する複数の2次元バーコード2に対して元情報を復元する処理を行う。また、2次元バーコード読取システム22の読取り対象となるとともに4辺を有する方形状に形成されてなる2次元バーコードであって、4辺の少なくとも一部に沿う帯状領域41を設け、帯状領域41に基準カラーを配置してなる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【可】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2017 INPIT