ハイドロフォーム成形方法及びハイドロフォーム成形装置

開放特許情報番号
L2011000453
開放特許情報登録日
2011/2/4
最新更新日
2015/3/2

基本情報

出願番号 特願2009-068701
出願日 2009/3/19
出願人 公立大学法人首都大学東京
公開番号 特開2010-221232
公開日 2010/10/7
登録番号 特許第5662648号
特許権者 公立大学法人首都大学東京
発明の名称 ハイドロフォーム成形方法及びハイドロフォーム成形装置
技術分野 機械・加工
機能 機械・部品の製造、制御・ソフトウェア、加圧・減圧
適用製品 ハイドロフォーム成形装置
目的 成形品の品質を向上させることができるハイドロフォーム成形方法の提供を目的とする。
効果 予備成形品に座屈変形部が形成されるので、キャビティの内周面と予備成形品の外周面との接触面積を小さくすることができる。したがって、キャビティの内周面と予備成形品の外周面との間に発生する摩擦抵抗を小さくすることができるので、予備成形品をキャビティの中央に向けて十分に押し込むことができる。その結果、成形品の品質を向上させることができる。
技術概要
第1の工程で、管材料の所定の箇所に設定された被加熱部分を局部的に加熱し、管材料を両端から押圧し、被加熱部分に座屈変形を発生させて座屈変形部20を形成することによって中空の予備成形品を成形する。 第2の工程で、予備成形品内に高圧の成形用媒体を供給し、予備成形品をキャビティの内郭形状に対応させて変形させることによって成形品を成形する。 予備成形品に座屈変形部が形成されるので、キャビティの内周面と予備成形品の外周面との間に発生する摩擦抵抗を小さくすることができる。予備成形品をキャビティの中央に向けて十分に押し込むことができる。
イメージ図
実施実績 【無】   
許諾実績 【無】   
特許権譲渡 【否】
特許権実施許諾 【可】

登録者情報

その他の情報

関連特許
国内 【無】
国外 【無】   
Copyright © 2018 INPIT